気まま赴くままに。デザインからプログラミングまでをたまにまとめてます。

デザイン

Illustratorで作ったイラストをPhotoshopで扱う

Illustratorで作った画像をPhotoshopで編集する際に

気を付けている点をまとめてみました。

 

スマートオブジェクトを利用する方法もありますが、

ここではラスタライズ処理をきっかり合わすという初歩的(?)な方法を紹介してみます。

前提知識として、下記を読んでおくといいかもしれません。

スポンサーリンク



目次

PhotoshopとIllustratorを使い分ける

Photoshopは画像の編集。Illustratorはイラストの描画

 

元々PSは画像編集ソフトビットマップデータ

AIはドローイングソフトベクター(ベクトル)データを扱うソフトです。

ラスター:粒子、ベクトル:座標。的な?

簡単な編集はIllustratorで出来るものの、複雑なものはできません。

Illustratorで作ったイラストをPhotoshopで扱う場合

ラスタライズ処理(PSのラスター画像へのデータ置換処理)されてしまう為、

気を付けなければならない点があります。

ベクターデータをPSに取り込む際基本的には自動的ラスタライズ処理が働きますが、
それを手動で行うという現代としてはアナログチックなのかも。。。

時代に追い付いていけませんが基本から覚えた方が物に出来ますよね!うん!

具体的な使い分け方

使い分ける際の注意点

データを複数ソフトで読み書きすることによって少なからず画質は低下します

「使い分け」といっても何度も行うものではないのでそこだけ。

Illustrator→Photoshop

今回の記事で扱っている方法である、

Illustratorで描いたイラストをPhotosopで編集
といった方法。

利点としては、イラストを背景となる写真や画像になじませたり、

Photoshopの方がイラスト(というより画像自体)を調整し易いといった点があります。

私的な使い方ですが、最終調整みたいな感じですかね。

Photoshop→Illustrator

コチラは

Photoshopで編集した画像をIllustratorで配置する

という使用方法。

利点としてはやはりレイアウトがしやすいという点で、

DTP業界WEB業界ではこちらが主流だと思います。

クライアント様から素材を頂き、微調整(編集)する場合はPSを用い、

加工→配置といった感じですかね。

又、AIは画像調整に向けたものではないので、

シンプルに加工を行えるというのも利点だと思います。

画像の大きさ

まずは画像のプロパティについて確認していきます。

 

以下各ソフトでの確認方法を紹介していきますが、
AI→PSで上手く読み込みたい場合は読み飛ばしていただいて構いません。

後々自分で色々出来る様にと念の為の紹介です。
AIで読み込んだりPSで読み込んだりしてってことじゃないので注意。
あくまでも「最終目的」は

  1. AI若しくはPSで云々した画像を
  2. AI若しくはPSで読み込む

といった2ステップだけです

 

画像には「解像度」「画像サイズ」といったデータがありますが、

今回行う「手動でラスタライズする」際や

その他「画像を取り扱う」際にはそういった物を理解しておかなければなりません。

「画像サイズ」と「画像の大きさ」という表現がありますが、

ここでは「画像サイズ」データ量(2メガバイト等)、

「画像の大きさ」高さや幅の事としたいと思います。

Illustratorの場合

Illustratorでのプロパティの確認方法を見ていきます。

ウインドウ→ドキュメント情報→アートボードのサイズ

レイヤーオブジェクトの大きさは

ウインドウ→プロパティのW・H(幅・高さ)で確認できます。

Photoshopの場合

今度はPhotoshopでのプロパティ。

先ずはカンパスサイズ(画像全体の大きさ)を確認。

イメージ→カンバスサイズ
幅と高さ

「基準位置」というのはどこを基準に広げたり縮めたりするか。

初期は広げる形ですが、「相対」にチェックしてあげると縮める形になります。

レイヤーオブジェクトの大きさ(レイヤーごとの大きさ)は

ウインドウ→属性のW・Hで確認できます。

解像度の確認

Illustratorの場合

Illustratorには解像度の概念がありません。

 

ちなみに

これはベクトルデータであるからですね。
データ自体は座標情報と、
どことどこを繋げるか等の情報のみになっている為、
像形自体は他ソフトやシステムによる演算処理によるものになるのです。

ディスプレイ自体に「解像度」があるのは、
この演算方式にディスプレイ自体が耐えうるか、
若しくは見合うかといった点になるかと思います。

 

Photoshopの場合

Photoshopでの解像度確認方法。

イメージ→画像解像度
幅と高さから割り当てられる解像度、解像度から算出される画像サイズ。

 

ラスターデータなので出力されるのは粒(光)です。

ディスプレイには粒が沢山あり、
そこから様々な信号を経て光を出力→視認となるのです。

その粒の単位を「ピクセル」といい、密度を「解像度」、
高さや幅というのは縦横それぞれ粒子の数です。

 

カラーモードの変更

色には2種類の表現手法があります。

機器で色を表現する場合はを、紙媒体等には塗料を用いるからですね。

それぞれ光の三原色色料の三原色といい、

前者をRGB(Red,Green,Blue)、

後者をCMYK(Cyan,Magenta,Yellow,KayPlate)と言います。

ソフトを用いてその表現手法を切り替えられますよーというものですね。

 

ちなみに

KayPlateとは

CMYのみでは純粋な黒が表現できない為、版であるKayPlateを用いた。
スミともいわれる。

印刷する際よくびちょびちょになったり色が変になったりするのはCMYのみで頑張ってるのである。

 

Illustratorの場合

ファイル→ドキュメントのカラーモード

Photoshopの場合

イメージ→モード

自然に気づくと思いますが、双方ファイル名の横に書いてあったりします。

実践してみる。

Illustratorでイラストを描く

念のためもう一度。下記は

Illustratorで描いたイラストをPhotosopで取り込む

方法です。

とりあえずIllustratorで描いたイラストを
Photoshopに取り込んでみるまでを実践してみます。

今回はCMYK、450px*450pxで、このようなグラフィックを描いてみました。
キャラ絵苦手なんですごめんなさい

Photoshopに取り込む為に一旦psd形式にします。ラスタライズ処理です。

書き出す際にppiという単位がありますが、
解像度の事です。

「ファイル→書き出し→書き出し形式」でPSDを選択。
カラーモードと解像度を任意に。今回は72ppiにします。
ちなみに

アンチエイリアス:境界線を滑らかにする処理。WEBデザインにおいてはvh,vw等拡大縮小も多い為、外しておく。

ICCプロファイル:色の補完に使われる情報。WEBデザインにおいては軽くするために基本外してOK。

Photoshopで編集する。

「ファイル→開く」で任意のものを開きます。

カラーモードと画像の大きさが一致していることを確認します。

Photoshopの「属性」ではレイヤーオブジェクトのプロパティが確認できるんでしたね。

なんだか画像が変だぞと思ったら解像度の違いを疑いましょう。

色が変な場合はカラーモードを疑いましょう。

 

ちなみに

ここで一致しなかった場合、
自動的に置換されてしまい思った具合に読み込まれない恐れがあります。

原因としては操作の誤り若しくはppiの違うものが含まれている為です。

 

まとめ

72ppiで作ろうとしているものに対して300ppiの画像を入れたりすると、

意図しないサイズで開かれたりしてしまいます。

カラーモードの変更方法も紹介しましたが、

RGBとCMYKでは色の表現方法が違いすぎる為、やはり補完にも限度があります。

その為、画像を作成する際は最初の設定が大事になってきます。

では今回はここまでにします。閲覧ありがとうございます。

-デザイン
-

関連記事

カバー・アイキャッチ画像6

イラストを描く際に確認しておきたいことまとめ

主にphotoshopとIllustratorで画像を扱う際に、 確認しておきたいことをまとめておきます。 色: 液晶モニタ等では光の強弱により表現している。 ドット: 点。光の強弱を表現する最小単位 …